告白待ちの女子が出す7つの「好き」サイン

告白待ちの女子が出す5つのサイン

大人の男にはいろいろあるよな。

会社の部下、アルバイト、または取引先や夜のナンパなど女性との出会いなんてものも。

大人の男は忙しい。

連絡先を聞いて何回か遊びにいくようになったとして、女性があなたを好きになったとしよう。

何度かご飯に行ったり、映画に行ったりしてデートをしたけれど、彼は付き合おうとは言ってくれません。

一体彼は私のことをどのように思っているのか気になります…。

なんて思いを女性にさせていないかい?

大人の男として女心は知っておきたいところだ。

きっとあなたもこんな思いを抱いたことがあるだろう。

 

あんな子と付き合いてぇ!

…と。

それはいつの頃だい?学生の頃かな?それとも社会に出てかい?

もしそういった子と連絡先を交換するようになったとして、仮に相手があなたに好意を持ってくれたとしよう。

その好意にあなたがいつまでも気付かないようでは、相手は冷めて、あなたのもとから去ってしまう。

好意を持っていると思った瞬間に何らかのアクションを取らなければならないわけだ。

そのアクションこそが『告白』だ

告白というものは勇気がいるもの。

相手が好意をあからさまに見せてきていたとしても勇気がいる。

それなら、相手の気持ちが分からないで告白するときなんて、本当に怖いだろう。

でも、もし相手が告白してほしいと分かれば、勇気を持って告白に突き進むことができる。

今回は「告白待ちの女子が出す5つの「好き」サイン」を紹介しよう。

 

好きな人がいないか聞いてくる

 

会話の中で「今って好きな人とかいないんですか?」と聞いてくる。

よく考えてみてくれ。

もし女性があなたのことを、どうでもいいと考えていたのであれば、あなたに好きな人がいるかいないかなどどうだっていいことだ。

基本的にみんな自分の事にしか興味が無いのだから…。

それでも、あなたに好きな人がいるかどうかを聞いてきたのであれば、それは十分に脈があると考えられるな。

 

2人きりで遊ぶ

 

もし、休日に「どこかに出かけたい」と女性から誘ってきたのであれば、あなたは女性から見て「彼氏候補」となっているだろう。

どこかに出かけないにしても、ご飯に誘ってきたり、飲みに誘ってきたりする場合は脈があるぞ。

ポイントは『彼女から誘ってくる。』というところだ。

それも一度だけではなく二度三度となれば、かなり脈がある。

 

次の予定を聞いてくる

 

もし、あなたがお相手と会って楽しい時間を過ごし、そろそろお開きというタイミングになったとする。

そのときに彼女の方から「次はいつ空いてますか~?」なんて言ってきたなら、かなり脈ありだ。

少なくともあなたといる時間は、相手にとっては楽しい時間ということになるだろう。

あなただってプライベートで嫌だと思った相手と次会う予定なんかたてないだろう?

 

男性の袖口をつかむ

 

女性から男性に手を繋ぎにいくのは勇気がいるものだ。それでも繋ぎたい場合に女性は男性の袖を掴んでくることがある。

袖を掴んできたならばあなたと「手を繋ぎたい」。あるいはあなたに「触れたい」と女性が思っている可能性が高い

もし、女性があなたの袖口を掴んできたならば、そっとあなたから手を繋いであげると、その女性はトキメキスイッチをONにしてドキドキが止まらなくなるだろう。

 

LINEでハートの絵文字を使ってくる

 

女性はハートが好きなもの。

だが、誰に対してもハートを使うわけではないぞ。

いくらハートが好きな女性であっても、どうでもいい男性相手にわざわざハートの絵文字を選びはしない。

少なくとも「自分の感情」が入ったものにしかハートは付けないんだ。

女性は感情の生き物だからな。

もう一度いうぞ。『自分の感情』が入ったものにしかハートは付けない。

どういうことかと説明すると…

子犬・子猫→「かわいい♡」
ジャニーズ・イケメン→「かっこいい♡」
ケーキ・チョコレート「甘くておいしい♡」
自分を褒めてくれたら→「優しい♡」
自分に優しい人→「好き♡」

ちょっと単純すぎるかもしれないが、これらのように自分の感情が入っているものにはハートを付けるんだ。

かわいい服でも本当に本人がかわいいと思っていれば「かわいい♡」。

そうでなかった場合は「かわいい(^o^)」などと誤魔化すかもしれないなま。

いいかい?あなたとのLINEでハートが多いのであれば、それはあなたに感情的になっているということだ。

またハートは特別扱いをしている証拠でもある。好きな人に対しては誰もが特別扱いをしてしまうのさ。

 

スキンシップが多くなる

 

女性は好きな人に対しては「触れたい」と思うようになり、自然とそれがスキンシップとなる。

たとえば、あなたが冗談を言ったときに、「も~そんなことないって~」と軽く腕を叩いてくるなど。

よく触れてくるようになったと感じたなら、それは女性が好意を持っている証拠だ。

あなたもスキンシップに付き合い、触れられたら触れ返すことで、より親密度は深まっていくこと間違いない。

 

二人きりになりたがる

 

いつも、数名で会っていたのに、「今度二人でどこか行こう」と提案してきたなら、とても好意的に見られているぞ。

二人になることで「自分だけを見て欲しい」という気持ちの現れでもあるんだ。

二人で会うときに、楽しさを演出し、常に笑顔を心がけることで、女性のあなたへの好意を爆発させることができるだろう。

 

まとめ

 

以上が「告白待ちの女子が出す7つの「好き」サイン」だ。

割と当たり前のようで、その場に直面すると勘ぐってしまうもの。

「ん?これは記事に書いてあったことと同じサインだけど、どうもそこまで好意を持っているように感じないから、もう少し様子を見るか…」

いざ直面したら、このように考えて、行動を先延ばしにしてしまうこともあるかもしれない。

それ、逃げられてしまう可能性があるぞ。

だからこそ、決断ははやいうちに。



最新情報をチェックしよう!