女性をデートにどうやって誘う?失敗しない誘い方「OKもらえます」

・デートにOKされる高確率な方法を知りたい
・どうやって誘えばいいのかわからない
・OKされない原因を知りたい

こんな疑問に答えよう

この記事の内容

・デートにOKをもらうには事前準備が必要なわけ
・スマートに誘うには○○が必要
・デートに誘うと撃沈する人の原因

 

この記事を書いてる私は、若い頃はあまりデートに誘っても成功しなかったが、年をとってからの方が成功率が高くなっている。おそらく若い頃は、下心を感じさせたのかもしれないな。

 

そんな私が上手くいったことから感じることと、データを合わせて解説しよう。

 

デートにOKをもらうには事前準備が必要なわけ

 

デートに誘うとしても、いきなり初対面で声をかけて成功するほど簡単なものじゃない。少なくとも女性が、あなたを警戒しなくなるまでは、信頼関係を築き上げる必要があるぞ。

 

では、どの程度まで信頼関係を築いたらいいのだろうか。

 

どんな関係ならデートに誘ってもよいか

 

  • 挨拶をするレベル
  • 雑談ができるレベル
  • 冗談を交えながら話せるレベル
  • 連絡先を交換しているレベル

 

挨拶をするレベル

挨拶をする程度のレベルでは、とても信頼関係が構築できているとはいえないな。

このレベルの人は、笑顔で挨拶をしつつ、もう一言何か付け足す意識をしよう。


雑談ができるレベル

軽く世間話をする程度になっても、信頼関係が構築できているとはいえない。

まだデートに誘うのは難しいだろう。

このレベルの人は、お互いのプライベートにも踏み込んで、親密さを増す必要があるぞ。


冗談を交えながら話せるレベル

冗談を交えながら話せるレベルであれば、今後紹介する話題をふれば高確率でデートにOKしてもらえるだろう。

ただし、相手が嫌々あなたと話していなければだが。


連絡先を交換しているレベル

連絡先を交換できているくらいなら、信頼関係は構築できているといえる。

直接でもメールでも、どちらでも誘うチャンスがあり、都合さえ合えばデートにOKしてもらえるレベルだ。

 

スマートに誘うには○○が必要

 

成功しやすい誘い方には、ひとつ外せないものがある。
これは、私も必ず見つけて使うものだ。

 

それは、理由付けだ。

 

理由を付けることで、人は思わず行動をしてしまうという研究結果が出ているほどだ。

だから、すべてに理由をつけることを覚えておいてほしい。

 

デートに誘い出すのに有効な理由の付け方

  • 頼み事をしてもらったとき
  • 新しいお店ができた情報を共有するとき
  • 体験したことを伝えるとき
  • 人気店の話をするとき
  • 好きな食べ物の話しをするとき

 

頼み事をしてもらったとき

あなたが何か頼み事をして、相手がそれを受け入れ、果たしてくれたとき。こういうシチュエーションは作り出そうとすれば、いくらでも作り出せるよな。

 

たとえば、会社で「ちょっと今手が離せないから、このコピーを5部印刷してくれませんか?」と、あなたが女性に頼むとする。普通は同僚や部下ならば、断ることはないだろう。

 

その後で、「さっきはありがとう。お礼にランチおごるよ。」などといえば、あなたが嫌われていない限りは、スムーズに事が運ぶ。


新しいお店ができた情報を共有するとき

海外の人気店が日本へ進出してくると、大体の場合はニュースになる。そういったニュースに女性は敏感だ。それを逆手にとればいいのさ。ただしそれには、あなたもある程度流行を知っておかなければならない。

 

たとえば「イタリアで人気の本格ピザ屋さんが渋谷にできたんだって!まだ行けてないの~」と女性が言ったとしよう。

 

あなたは「あ~それ知ってる、すごい行列だよね。相当おいしいんだろうな。今度行ってみようよ!」などと誘ってみればいい。


体験したことを伝えるとき

人はレビューに弱いものだ。Amazonレビューで星の多い商品は、皆がこぞって買うだろう。そんな体験レビューをあなたもお目当ての相手にすればいい。

 

あなたがとてもおいしいお店を発見したとしよう。そのときには必ず写真を撮っておくように。その写真を女性に見せながら話すんだ。

 

たとえば「この前、初めていく麻布の焼き肉屋に行ってさ、注文したお肉がすごく絶品で、もぅ思い出しただけでヨダレが出るわ。ほらこの写真…」

 

女性:「うわ~おいしそ~いいな~」
あなた:「でしょ?今度連れてってあげよっか」という具合にだ。

 

話だけではなく、視覚からもアタックすることで、あなたの体験を女性も味わいたくなるのさ。


人気店の話をするとき

これは、有名店の話をすればいいだろう。日本にも有名店はたくさんある。焼き肉といって叙々苑といえば、ある程度誰もが知っているだろう。日本橋の洋食屋といえば、たいめいけんと答える人も多いはずだ。

 

しかし、名前は知っていても、以外と有名店に行ったことのない人は多い。

 

そこで、あなたは有名店の良さを話し、女性にイメージを働かせよう。卵がふわとろのオムライスの話でもいい、ちょうどいいコクのシチューの話でもいい。想像させ続けよう。

 

女性が「行きたい」と口にしたのなら、すかさず連れていく約束をするだけだ。


好きな食べ物の話しをするとき

これはとてもシンプルだ。女性の好きな食べ物を聞き出そう。

 

そして、そのジャンルで有名なお店などを調べてみよう。
その後、そのお店の話を持ち出し、女性に伝える。それだけだ。

 

女性が行ったことのないお店なら、行ってみたくなるだろう。
そもそも、自分の好きな食べ物のお店だ。OKをもらえる確率は高まる。

 

デートに誘う話題づくりは、食べ物やお酒がいい

 

私がここまで食べ物の例を多く挙げたことに気づいただろうか。食べ物は女性を誘い出すのに外せないジャンルだ。

 

なぜかと考えると「欲」が絡むからだろう。人には三大欲求がある。「食欲・睡眠欲・性欲」だ。

 

性欲を刺激してデートに誘えるわけはない。同じく睡眠欲を刺激しても結果、性を満たそうと思われてしまう。つまり、欲を刺激するなら食欲しかないんだ。

 

その他にもデータがあるぞ。これはマッチングアプリで集計されたデータのようだが、「どんな切り口から誘いますか?」という男性への質問に、図のような回答が得られた。

 

どんな切り口から誘いますか?

参考元:NET MARKETING.CO.LTD.

 

食べ物やお酒の会話からなら、スムーズにデートに誘える、あるいは誘いやすいことを証明している。

 

さらに高確率でデートOKをもらう秘訣

 

もし、ここまで読んで、あなたが食べ物の話題からデートに誘おうと考えているならば、さらにOKをもらいやすくする方法を教えよう。秘訣というほどのものではないが、女性に安心・安全を与えると確率が上がるぞ。

 

たとえば、夜のお酒の誘いなどは、なんだかんだで女性は構えているんだ。「飲みすぎないように、終電を逃さないようになど。」

 

しかし、ランチデートなら、そんな心配をする必要もないし、まだ明るいので不安感も現象するんだ。

 

だから、女性と冗談を言い合えるほど仲良くなったのならば、女性の行きたいお店のランチに誘うことで、デートにOKしてもらえる確率はグンと伸びるだろう。

 

デートに誘うと撃沈する人の原因

 

断れられる人の特徴はどんなものか。私の若い頃も重ね合わせて答えよう。

・ギラギラしている(下心を感じる)
・好意を得ていない
・普段から自分の話ばかり
・話が盛り上がらなそう
・頼りなさそう
・服装がダサい
・清潔感がない

 

これら一つひとつを解説しないが、私の若い頃は「好意を得ていないのに誘う」「ギラギラしている」という項目が当てはまっていただろう。

 

下心を持っていたというよりかは、そう感じさせてしまったことで、安心感や安全に思ってもらえなかったのだと思う。その他は、まぁ撃沈するだろうな…という内容だから、説明不要だろう。

 

デート当日の注意点

 

  1. 笑顔で挨拶
  2. 鼻息が荒い
  3. 道を間違える
  4. 店員への態度
  5. 食事のマナーと姿勢
  6. 別れも笑顔

 

デート当日は、笑顔で待ち合わせだ。くれぐれも嬉しいからといって鼻息荒くするのはやめてくれ。

 

確実にお店の場所を前日に把握しておき、お店の休日なども把握しておこう。道を間違えるのも印象は良くないが、たどり着いて店が休みというのは、何よりもしらけさせるぞ。

 

女性は自分以外の人への態度も見ているぞ。店員に偉そうに接する人は、一発アウトになるから気をつけよう。

 

食事のときの姿勢、食べ方などにも注意を払うべきだ。猫背、ひじ、くちゃくちゃ口を開けて食べるなど。あってはならないことだ。

 

説明不要だと思うが、もちろん初日はしっかりと見送ること。間違っても家に呼んだりしては駄目だぞ。まぁ雰囲気などもあるが。

 

まとめ

 

女性をデートに誘う失敗しない方法は理解したかな?

おさらいすると。

・信頼関係を築く
・女性の興味ある話題をふる
・まずはランチデートに誘う
・当日の身だしなみに注意

この4つだ。

ちなみに2回目のデートには映画がいいかもしれないぞ。

初デートは何をしたい?

参考元:PRTIMES

 

あなたが上手にデートに誘い、二回目に繋げることを祈っている。

ぜひこの記事を参考にしてほしい。

最新情報をチェックしよう!